to Top
画像 画像
もしも違う人生を生きるなら、あなたはどうする?
映画『スイッチ 人生最高の贈り物』オフィシャルサイト主演:クォン・サンウ
12月1日(金)シネマート新宿・心斎橋他にて全国順次ロードショー 12月1日(金)シネマート新宿・心斎橋他にて全国順次ロードショー
レンタル独占配信中
劇 場 情 報
予 告 編

Introduction

もしも違う人生を生きるなら、あなたはどうする?クリスマスイブに起きた、人生最高のスイッチ! もしも違う人生を生きるなら、あなたはどうする?クリスマスイブに起きた、人生最高のスイッチ!

『探偵なふたり』シリーズ(15&18)、『鬼手』(19)、『ヒットマン エージェント:ジュン』(20)等、コメディからアクションまで、様々なジャンルで主演を務める人気俳優クォン・サンウが最新作で演じるのは、出演オファーの絶えない人気俳優で、自他ともに認めるスキャンダルメーカーのパク・ガン。華やかなシングルライフを謳歌するパク・ガンだが、クリスマスイブの夜に相棒マネージャーと人生が入れ替わる!それまでのセレブな生活から一変、小劇場でくすぶる売れない俳優となり、かつてお互いの成功のために別れた元恋人スヒョンと結婚し、幼い双子の父親になっていた!一方、パク・ガンの敏腕マネージャーのチョ・ユンは演技派俳優として活躍!果たして2人の運命はどうなってしまうのか―

マネージャー/人気俳優チョ・ユン役にはNetflixオリジナルドラマ「サイコでも大丈夫」(20)のオ・ジョンセ。本作ではクォン・サンウと楽しい掛け合い、友情も見どころのひとつ。パク・ガンの元恋人/妻・スヒョン役には、テレビドラマ「一度行ってきました」(20)のイ・ミンジョン。監督は、『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』(16)『探偵なふたり』、『さまよう刃』(14)等でシナリオ脚色作家として経験を積んだマ・デユン。韓国ドラマ・映画ファンには嬉しい、パロディネタでコメディのエッセンスも効かせ、人生で誰しもが経験する後悔や心残りを、「他人と人生が入れ替わる」という奇想天外な設定のなかで見つめ直し、驚きの運命の先に本当の幸せを掴もうとするハートフルなドラマとして描いてみせた。

この冬、最高にハッピーな気分を味わえる一作を、あなたにお届け!

画像
画像
画像

Story

車

超人気トップスター⇔芸能マネージャー 一夜にして二人の人生が180度ひっくり返る!

出演オファーは絶えず、観客動員数1,000万人を記録する映画の主演も務め、そして自他共に認めるスキャンダルメーカーのトップスター俳優パク・ガン(クォン・サンウ)。華やかなシングルライフを満喫しているが、実はクリスマスイブの予定といえば年末の授賞式とトロフィーだけ。そんなイブの夜、パク・ガンは昔からの友であり、スケジュール管理やスキャンダルの事後処理を担っている敏腕な芸能マネージャーのチョ・ユン(オ・ジョンセ)を捕まえ、一杯呑んでタクシーに乗り込む。車中で運転手に「もし人生を選び直せるならどうするか?」と奇妙な事を尋ねられる―

翌朝、見慣れぬ家で目覚めたパク・ガンは、初めて見る幼い子ども二人を抱え、かつて成功のために別れたはずの恋人スヒョン(イ・ミンジョン)がなぜか自分に小言を言いながら背中に強烈なスマッシュをかましてくる事に戸惑う。パク・ガンは自分が大物俳優で、高級マンションに住んでいると、スヒョンに話すが「ふざけているの?」と信じて貰えず、子どもたちからは「パパは売れない小劇場の俳優だ」と教わる始末。さらにはマネージャーであるはずのジョユンが演技派俳優になっていた。一体どうなってしまったのかと驚くパク・ガンは昨晩、タクシー運転手がさりげなく言っていた一言“もしも、選択の機会がおとずれたら、あなたならどうしますか?”を今になって思い出す。果たしてパク・ガンとチョ・ユンの運命やいかに…?

画像
画像

Cast

画像
クォン・サンウ
パク・ガン

『同い年の家庭教師』『マルチュク青春通り』『戦火の中へ』『鬼手(キシュ)』『探偵なふたり』シリーズ、ドラマ「天国の階段」「野王 ~愛と欲望の果て~」「推理の女王」など、21年間スクリーンとお茶の間を行き来し数多くの作品をヒットに導いた俳優クォン・サンウ。本作では天下のトップスターと芸能マネージャーを行き来するパク・ガンを演じ、真逆の演技を見せる。

マ・デユン監督から「自信満々で自分勝手なトップスターの姿から一転してから見せるリアルに売れない俳優の惨めな姿まで、パク・ガンそのものだった」と、絶賛されるクォン・サンウは、親近感のあるコミカルなキャラクターを完璧に演じることはもちろん、真剣な演技でさまざまな面を見せ俳優としての底力を見せる。

Filmography

映画 『パイレーツ:失われた王家の秘宝』(22), 『ヒットマン エージェント:ジュン』(20), 『鬼手』『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』(19), 『探偵なふたり:リターンズ』(18) ほか多数

ドラマ 「カーテンコール」「危機のX」(22), 「熱血弁護士 パク・テヨン~飛べ、小川の竜~ 」(20-21), 「推理の女王2~恋の捜査線に進展アリ?!~」(18), 「推理の女王」(17) ほか多数

画像
オ・ジョンセ
チョ・ユン

「椿の花咲く頃」のノ・ギュテ、「サイコだけど大丈夫」のムン・サンテ、「アンクル~僕の最高のおじさん~」のワン・ジュニョク、『エクストリーム・ジョブ』のテッド・チャンなど、幅広い演技スペクトラムと卓越した演技力で毎作品個性的なキャラクターを生み出している俳優オ・ジョンセ。 主演・助演、ジャンル、キャラクター問わず、活発に活動している人気俳優のオ・ジョンセが本作に合流し、クォン・サンウ演じるパク・ガンと人生が入れ替わってしまうチョ・ユン役を演じる。

マ・デユン監督は「普段、とてもまじめで物静かな人だが、カメラがまわった瞬間、想像もできないようなアドリブで撮影現場を笑わせ、和ませてくれた」と話す。その演技力で苦労の絶えないマネージャーとトップスターを行き来する二重の魅力を見せてくれるはずだ。

Filmography

映画 『ソウル・バイブス』(22), 『ジャンルだけロマンス』(21), 『ザ・コール』(20), 『エクストリーム・ジョブ』『彼女の名前はチャンミ』(19), 『スウィング・キッズ』 ほか多数

ドラマ「アンクル~僕の最高のおじさん~」「知異山<チリサン>~君へのシグナル~」(21), 「模範刑事」「サイコだけど大丈夫」(20),「ストーブリーグ」 (19-20), 「椿の花咲く頃」(19) ほか多数

画像
イ・ミンジョン
スヒョン

2020年、人気ドラマ「一度行ってきました」でリアルな夫婦の姿を演じ、視聴者の共感を得たイ・ミンジョン。今回、『ワンダフル・ラジオ』以降、久々にスクリーン復帰する。本作ではパク・ガンの別れた恋人であり、入れ替わった世界では結婚10年目の妻スヒョンを演じるイ・ミンジョン。切ない初恋の記憶がよみがえる一方で、生活力の強い妻の姿という、まったく異なる魅力を見せてくれる。マ・デユン監督は「これまでの出演作で見て来た、正直で堂々としていて愛らしいイメージはもちろん、実際に持ち合わせているサバサバとしていて活発な性格がうまくスヒョンの役に合っていた」と話し、キャラクターとシンクロした演技に注目だ。

Filmography

映画 『ワンダフル・ラジオ』(12),『シラノ恋愛操作団』(10) ほか

ドラマ 「一度行ってきました」(20), 「偽りのフィアンセ」(18-19), 「帰ってきて ダーリン!」(16), 「ずる賢いバツイチの恋」(14) ほか多数

画像
パク・ソイ
ロヒ

2020年、映画『ただ悪より救いたまえ』、『担保』 で、彗星の如く現れた天才子役パク・ソイ。観客を泣かせる卓越した演技力と可愛らしさで多くの人に愛される子役パク・ソイが双子の妹ロヒを演じる。

Filmography

映画 『バニシング:未解決事件』(22), 『UNFRAMED/アンフレームド』(21), 『担保』『ただ悪より救いたまえ』(20) ほか

ドラマ 「シスターズ」「怪異」(22), 「ハイクラス~偽りの楽園~」「マウス」(21) ほか

画像
キム・ジュン
ロハ

人気ドラマシリーズ「賢い医師生活」で独特な存在感を見せるウジュ役で視聴者に愛されたキム・ジュン。本作でスクリーンデビューを果たし、クォン・サンウや双子の妹役パク・ソイとのケミストリーを見せる。

Filmography

ドラマ 「なにもしたくない~立ち止まって、恋をして~」(22), 「賢い医師生活2」(21), 「賢い医師生活」(20) ほか

画像

マ・デユン
監督

“観客が疲れ切った現実をしばし忘れて劇場で幸せな夢を見られる映画になってほしい”

『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』、『リバイバル 妻は二度殺される』、『探偵なふたり』、『さまよう刃』など様々なジャンルの作品でシナリオ脚色作家として携わり、着々と実力を積んできたマ・デユン監督。平凡な家族を平凡でなく描いた長編映画デビュー作『そう、家族』を通じて、沢山の共感を得て感動を呼んだマ・デユン監督が、2023年本作を監督。

本作は、厳しい現実につられてしばし忘れていた日常の大切さを悟らせ、家族の意味を振り返ることができる作品であり、多くの人が共感できるストーリーとして観る者にあたたかな感動を与えてくれるだろう。

Filmography
  • 『そう、家族』(17) 脚色、監督
  • 『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』(16) 脚色
  • 『リバイバル 妻は二度殺される』(15) 脚色
  • 『探偵なふたり』(15) 脚色
  • 『さまよう刃』(14) 脚色
  • 『スパイな奴ら』(12) 脚色
  • 『10億』(09) 脚色
  • 『清風明月』(03) 脚色、助監督